2016年10月24日月曜日

くしゃみ7回は即ち"ばよえ~ん"である

おはこんばんちわ。今週担当の囲前 栞です。
気が付くとこのblog当番も今回で35回目となりました。いや、凄いですね。3人で105週間達成ですね。うん、凄い。

別件。
人の噂も七十五日とはよく言いますが、果たして七十五日も覚えていられるかどうかが疑問ですね。統計学的に誰かが求めた平均値なのでしょうか。もとい、根に持つタイプの人なら七十五日どころか七年五ヶ月くらい余裕で覚えていると思うんですけどね。あ、記事のタイトルは私の大好きなパズルゲームのネタです。もともと5だったのが7になっちゃって中々出せなくなってしまいましたが。

さて。
くしゃみをする人は多数います、というより生理現象ですが、私が今まで生きてきた中で周りの人を観察したかぎりでは、おおよそ以下の3タイプに分類できます。

・……ックシュ!! (くしゃみしたんだかしてないんだかわからないような、静音タイプ。女性に多く大体可愛い。1回が多い)
・へーくしぇぃ!! ぅあー…… (誰もが認める、立派なタイプのくしゃみ。くしゃみ後に何か呟くと大体中年。1回か2回が多い)
・あぁくしゅ!! へぃくしゅ!! あぃくしゅ!! はくしゅっ!! えいっくしゅ!! (立派なくしゃみが連続するタイプ。5回以上続く)

一番上の静音タイプはさておき、大多数の人が真ん中の1回か2回タイプに属すると思います。しかしながら、5回以上続ける人もいて、何をそんなに異物に過剰反応してるんだ? って見てて思うのですが、5回以上くしゃみしない私からしたらまったくわからない感覚だと思うので、きっとあれはそういうことなんでしょう。はい。

よく知られた話ではありますが、海外ではくしゃみをすると必ずといっていいほど、誰かに「Bless you」と言われます。これは「May God bless you」の略で、意味合いは「お大事に」に相当します。もっと直訳すると「どうかあなたに神様のご加護がありますように」となります。
このフレーズが使われるのはくしゃみオンリーで、咳の場合はフツーに「Got a cold?(風邪ひいた?)」と言われます。何が違うか調べたところ、どうも、昔々の迷信で "くしゃみをすると体から魂が出て悪魔が入ってきてしまう" といったものがあったようです。そのため、神様に祝福をしてもらえますように、という意味合いで「Bless you」が使われているというわけですね。ちなみに言われた場合の返答は「Thank you.」が無難なものとなります。

他にも、日本では「誰かに噂をされている」だとか、「1回目はなんちゃら、2回目はなんちゃら」だとかそういったものがあります。私は1回派に属していて(ただし可愛くはないです)、ごくまれに2回連続で出ることが1ヶ月に1回くらいの頻度で起きます。で、この時は、まったく根拠のない理由ですが「誰かが噂をしている」と勝手に思い込むことにしています。

理由はありません。そう思うようにしている、というだけです。深い意味はないです。


というわけで。
前置きが長かったんですが、M3の情報を。
Queen Bellは下記要綱にて、次の日曜日・10月30日に東京流通センターで開催される M3-2016秋 に参戦いたします。
M3-2016秋 (2016.10.30 / 日曜日)
第一展示場 D-24b「Queen Bell」

新譜!!!!
新譜について!!!!!
みんな期待の新譜について!!!!!
私のTwitter(非公開)にダイレクトメッセージで「新譜期待してます!」とか飛んでくる件!!!

……残念ながら、ありません。
申し訳ございません。ぐうの音も出ません。
これに関しては近々正式に声明を発表する予定なので、よろしくお待ちください。

なので、M3持込は、既出の「白夜朱蒼」と「Inherited Crown 2」となります。特に後者については前回夏コミでゲットできなかった方が多かったようなので(在庫管理しくじりました、スミマセン)是非この機会にお手にとっていただければなと思います。


えー、十分長くなりましたが、M3とは違うのですがもう1つ。
前に私の書いた記事で、エフエム熱海湯河原というラジオ局の番組にて、当サークルの曲がジングルとして使用された、と書きました。これについてもうちょっと詳しく書きたいと思います。

名前のとおり、静岡県熱海市の湯河原町というところで放送されているFM放送があるのですが、そこのラジオの番組で当サークルの楽曲を使っていただけるという素晴らしい機会に恵まれました。そのラジオ番組では、番組の進行や時間割、効果音やトークなどを全て1人でやり遂げているというスーパー才能人が進行を務めています。で、その方が音楽イベントやコミケ毎に静岡から東京まで来てくださっているというだけでも凄いと思うのですが、なんと、当サークルのスペースにイベントごとにほぼフルコンプの勢いで来てくださる方なのです。
それで、この方こそが先に挙げたFMラジオ放送局のDJさんなのですが、以前からも楽曲を使いたいとの依頼がありまして、今回、正式に、FM波としてQueen Bellの音楽がアンテナから発信されることとなりました。だいぶ前(2013年11月らしい)にも千葉県浦安市のFMラジオ番組でジングルではなく1曲丸ごと流してくださったことがあるのですが、それ以来となります。

いや、サークル冥利に尽きますね、これ。マジで。
おめでとう、浅川君。

ちなみにそのラジオ局と、ラジオ番組については、下記ページの方が圧倒的に詳しいのでここでの紹介は割愛させていただきます。
しかしながら、ラジオ番組制作未経験の人が、何から何まで全て自己学習と努力と才能でDJやってるわけですから、そりゃすごいもんです。是非とも下記ページのほう閲覧していただきますよう。そして、オ放送自体は、ナウなテクノロジーのおかげで「リアルタイムに」聞くことができるので、時間の都合があえば是非どうぞ。

前回の放送は聞いていたのですが、毎週放送とか月1放送とかではないので、次回の放送は11月の……半ばの土曜日の昼間? とか言っていた気がします。
広報取材日記(平成28年9月)
※上からちょっと下、『FM熱海湯河原「ふれあいラジオ 雨上がりのにじ」収録』の部分http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=2387

というわけでクソ長くなりましたが、しおりでした。次回のゲストは、UTフェーズのDB用データにネタ成分を詰め込む浅川サナタですので、どうぞお楽しみに(※用語の解説はサナタ君に任せました!)。


p.s.
私もvarchar2に25252だとか3939とかを仕込んだりしてますが、カイジのネタをinsertしたときは流石に半分キレられました。ほどほどにしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿