2016年4月23日土曜日

4/24 第2展示場1Fの「う-32b」

仁村です。

さて、M3まであとわずかとなりました。
CD製作作業の進捗は、土曜日に超突貫でどうにかするという際どい状態ですが、何とかなりそうです。

私は散々「作る、作る」と言っておきながら結局今回曲を作れませんでした。
申し訳ありません。
この場を借りてサークルメンバーとこれをご覧になっている方に謝罪させて頂きます。

体調が悪いネタをサナタ君から振られましたが、あまり話を広げられそうにないので、今回頒布する3曲について私なりにレビューしてみたいと思います。

(※以下、クロスフェードデモ。クリックで再生。音量に十分注意してください



・1曲目:空をかける少女
本人の書いた通り、爽やかな風というイメージが浮かぶ曲。
ストリングスとピアノが奏でる透明感のある旋律に、バックで細かいピアノのパッセージが奏でられ躍動感を演出する。
旋律の透明感と伴奏の躍動感のバランスが良く、盛り上がり・盛り下がりはあまり無いがその分落ち着いて最後まで聞ける。

・2曲目:シロツバキ
妖艶な弦楽器と旋律の合いの手を入れるピアノの疾走感が上手くマッチした楽しい曲。
ただ突っ走るだけではなく一休みあり、また走り出すという静と動の切り替えも秀逸。
どこと無く和風感(哀愁)のあるメロディーと合いの手のやりとりが綺麗。
私見だが、和楽器を取り入れると化けるのではないかと思う。

・3曲目:狂乱の赤い瞳
強力に速いテンポで細かいパッセージを演奏させるという現代吹奏楽曲的要素が入った曲。
サナタ君エグい。
こういう曲はきちんと最後まで弾ける技量があるととても楽しいだろうなぁと思う。
テンポは変わっていないのに巻きがかかっているかと錯覚するほどの突っ走り感。
一旦旋律が下がる部分での打楽器の猛打とピアノの殺人パッセージは必聴
こういう曲、かなり好きです。

※個人の感想です


以上です。
クロスフェードには無い部分も含めたレビューですので、もし興味を持って頂けたら会場にある試聴コーナーで聞いてみてやってください。
よろしくお願いします。

2016年4月19日火曜日

浅川サナタの南国(と、M3-2016春新譜クロスフェードデモ公開)

まいど。浅川サナタです。
アホの友人が実家である奄美大島に旅立ってしまった・・・。
twitterに上げられる、あきれるほど美しくて非日常的な景色の写真の数々・・・!!
きぃ~っ・・・うらやましい・・・!! 俺も南の島に行きたいとよ・・・!!
ただし激マズ飲料のCOCOMAXはNO。

「オッス!! オラ浅川サナタ!!
M3も近くてやべえ状態だってのに、なんだかすっげえワクワクしてきたぞ!!」

というわけで、超突貫で曲を作り、何とかCDを頒布できる状態に持っていけそうです・・・。
ピアノとストリングスの複合攻撃がいつもの浅川サナタです。

(※以下、クロスフェードデモ。クリックで再生。音量に十分注意してください


簡単に曲を紹介。

・1曲目「空をかける少女」
イメージ的にはステージ1ないし2の道中曲。
爽やかな風が頬をくすぐる、そんな埼玉。

・2曲目「シロツバキ」
イメージ的にはステージ3ないし4あたりの道中曲。
哀愁と力強さをはらんだ曲調。

・3曲目「狂乱の赤い瞳」
シロツバキステージのボス戦時曲。
ドラムが激しくなってくるあたりからが本番!!
どうしても、どうしてもやりたかった部分があったのです・・・。


しっかし・・・この三曲が含まれたCDはどこで買えるのだろうか・・・
おっ、今入った情報だと04/24に東京流通センターにて行われる音楽イベント「M3」にて頒布されるみたいですッ!!
でも・・・超人気シャッターサークルのQueen Bellがどこに配置されているかわからない・・・。
・・・おおっ!! 第2展示場1Fの「う-32b」のようですねッ!!
凄いぞQueen Bell!! かっくい~。

というわけで、気に入っていただけましたら、
2016/04/24に行われるM3の第2展示場1F「う-32b」まで是非お越しくださいませ!!
お待ちしております!!


次回は、意識が遠くなったり胃がきりきりしたりと身体に爆弾抱えまくりの仁村君です。
乞うご期待。

2016年4月9日土曜日

カフェインドン! 更に倍!

おはこんばんちわ。今週担当の囲前 栞です。
またも公私共に大変忙しかったので1週間遅れました。すみません。
ちなみに記事タイトルのネタがわかった人は年齢がばれます。

あっ、それと、このBlogも今回の私の番で1人あたり30回目、全員あわせて90回目を迎えたようです。
2014年の春からなのでもう3年目に突入ということですね。感慨深いものです。
読んでくださっている方々に感謝申し上げます。


さて、最近、毎日5~6時間寝ているのに朝眠くてしょうがなくて電車の中で座って(座れるように早く家を出て)1時間くらい寝ているんですが、会社に着いても眠いままです。なので、エナジードリンクとカフェイン剤を一緒に服用するという超危険な合法ドラッグをやっています。
エナジードリンクは効能がうさんくさいとか海外のものと成分が違うとかありますが、私の会社の近くのコンビニではモンスターエナジーが置いてあるので、それを買っています。レッドブルより安くて量が多いあれです。庶民の財布に優しいやつです。
このモンエナには100gあたり36mgのカフェインが含まれており、1本355mlでは128mgのカフェインが含まれている計算になります。数あるエナジードリンクの中でもぶっちぎりのカフェイン含有量だそうです。いけてますね。
で、カフェイン剤には有名なエスタロンモカ(24錠のほう)を使っています。これは1日3回まで服用でき、1回は1錠まで(1錠あたり無水カフェイン100mg含有)となっているのですが、朝に2錠、昼食後に2錠飲んでいます(よい子は絶対まねしちゃダメです)

つまり、朝はモンエナから128mgとエスモカから200mgの合計328mgを摂取していることになります。
ヤバすぎですね?
そして昼食後には追加でエスモカから200mg摂取しています。
仕事中の飲み物はウーロン茶500mlなので100mgくらいは含まれています。
合計すると1日に合計で328+200+100=628mgを摂取していることになります。
頭イカれてますね?

とまあそんなカフェインどっぷりな生活を3ヶ月ほど平日は毎日続けていたのですが、ある日持病の発作が出てしまいました。具体的な病名は伏せますが、モンエナ等のエナジードリンクに含まれる「アルギニン」という物質の摂取過多によるものです。
自分も日常的に大量に摂取しているとは気づかなかったので盲点でした。
発作が起きてから1週間くらいは酷い目にあったので、それ以来モンエナは飲んでいないのですが、先日いつもモンエナを買ってたコンビニに赴いたところ、エナジードリンクコーナーごと撤去されてしまっており1本もなくなっていたので、どうやら合法ドラッグ生活も終わりのようです。

とはいえ毎朝200mgと昼食後の200mgは続けますが。

ちなみに私はカフェイン耐性がかなり高いので1日に628mgでも夜眠れるくらいですが、耐性がない人はモンエナ1本で夜も眠れなくなるそうです。また、世界的目安としてはWHOが成人1日で300mgまでという基準を設けています。それに対して私は2倍近いカフェインを摂っていることになりますので、かなり危険なラインですが、何とか生きています。離脱症状とかも特にありません。

で・す・が、絶対真似してはいけません。
真似するな、と言われて好奇心をくすぐられるような方は自己責任でお願いします。私は責任とりません。

ちなみにエスモカ24錠は近所で買うと450円くらいするのですが、秋葉原駅の東西自由通路内にある薬局で360円くらいで売っているので買いこんでいます。
毎度店員に変な顔されますが。


さて、重要なお知らせですが、Queen Bell は今月・4/24(日)にTRC 東京流通センターで開催される2016春M3に参加します。
スペースは"第2展示場1F う-32b"となっています。
M3のカタログは先週くらいから販売され始めたので、もうご存知の方もおられるとは思います。

で、何を出すんだ? って話ですが……。
一応現状では2曲(頑張れれば3曲)くらい入ったCDを頒布する予定でいます。メンバー全員が転職だの引越だのいろいろリアルで多忙だったこともあり、ちょっと少なめとなっています。申し訳ありません。
詳細は決まり次第ここのblogあるいは公式Websiteで告知しますので、今しばらくお待ちください。
なんとか1週間前くらいにはマスターアップできるよう頑張ります。


というわけで、しおりでした。来週のゲストは、Cocomaxをリアルで味わいたいと南の島へ引越を考えている浅川サナタですのでどうぞお楽しみに。