2016年2月27日土曜日

食いしん坊キーボード

仁村です。

最近キーボードが色々なものを食べたがって困っています。
我が家はPCが置いてある机以外にものを食べるスペースが無いので、他所で食べるわけにもいきません。
そんなある日うどんを食べていたところ、遂にキーボードが我慢の限界を迎えたようで、無理やりどんぶりを引き寄せられました

まぁ要するに私がひっくり返したってことです。
キーボードに派手にうどんの出汁(関西風)をブッこぼした結果、何もキーを触っていないのにガピピピピボペッピポポポみたいなBeep音と共に意味不明な出力が……。
どうみてもショートしています本当にありがとうございました。

急ぎPCから抜線して分解したところ基板部分に見事に出汁が……。
とりあえず綺麗に拭ってから組み立てなおそうとしますが、よくよく考えるとこれ塩分糖分タップリですね。
後々回路が腐食してはたまらんので、洗浄を試みます。

自宅にある洗浄に使えそうなものは以下の通りです。
さて、皆さんだったら何を選びますか?
  1. シリコンスプレー
  2. ヘキサン
  3. アセトン
正解は「こんなもん使うなら水道水」です。

え、選択肢に無いじゃないかって?
いやいや誰が選択肢から選べという条件を提示したんですか?
私は「何を選ぶか?」とは問いましたが「選択肢の中から選べ」などとは全く書いていませんよ。
自宅であることも書いてあるので、水道水を選ぶ事は何も問題ありません。

ちなみに選択肢について解説すると、1は論外です。
洗浄なんぞには使い物にならずベッタベタになるだけなのでやってはいけません。

2のヘキサンは溶けたりしませんが、プラスチックを痛める可能性があるので止めた方がいいでしょう。
多分時間が経ってからまずいことになると思われます。

3のアセトンは論外です。
ドロッドロに溶けます。バイオブロリー状態になります。
マニキュアの除光液でも買って来て要らないプラスチックにかけると楽しいです。

んで水道水で基板をジャブジャブと洗い2日ほど乾燥させたところ、見事に復活しました。
今もこの原稿はうどんを食べたキーボードで書いています。


そんなサイタマ*1、次回の記事は職場で課題管理Excelを止めてRedmineを導入することになったしおりちゃんです。
ついでに私個人の経験上から、Redmineのチケットで課題管理Excelがやり取りされるという残念な仕事が始まる事を予言しておきます。

*1そんな埼玉:浅川サナタのよく使う言葉、Queen Bell用語の1つ。埼玉自体には特に意味はなく「そのような」「そういった感じ」などと同じ意味。

0 件のコメント:

コメントを投稿