2015年7月30日木曜日

浅川サナタの特濃

まいど、浅川サナタです。
職場近くの居酒屋はランチタイムも開いており、値段の安さもあってちょくちょく利用しています。
しかし、店員が中国人なんだなこれが。
なので、時折言葉が通じないということもあります。

テーブルに備え付けの湯呑がなかったので、

俺「すいません、湯呑ください。」
店員「ゆ・・・のみ・・・?」

しばらくして・・・
店員さん「おまちどさまです」スッ

渡されたのはテーブル備え付けの特濃ソースだった。

何故なのか。そもそも特濃ソースは俺の座席にまだあったのだが。
いや、そもそも特濃ソースは喉を潤すためのものだったのか。
中国人のおばちゃんの粋な計らいに感謝しつつ、再度伝えました。

「湯呑をください。」



今回の記事はここまで!!
短くてすいません。

次回は、今どきメールボムでメールサーバに高負荷をかける仁村君です。
乞うご期待。


※編注:予定より更新が大幅に遅れたことに際しお詫び申し上げます。

2015年7月13日月曜日

祝・交替制日記21回目の記事……と内容はなんら関係ない

おはこんばんちわ。今週担当の囲前 栞です。

私は視力が極端に悪く、裸眼視力で0.03、ディオプターでいうと約-11.50Dというビックリな強度近視です。ちょっと前まではコンタクトレンズの度数が売ってないというほどでした。しかしながら、幸いにして乱視がそこまで強くないので、一般に販売されているレンズ (ソフト&ハード) で対応できるのが救いです。眼鏡もかけていますが、もちろんこれだけ目が悪いと薄くするのに金がかかります。今使っているものはレンズがオーダーメイドで工賃込み6万円くらいしました。まあおかげで5年経った今も傷1つ付いていません。

私より目の悪い人には過去に2人しか遭遇したことがありません。その2人とも乱視があり、かつ1人は「眼鏡をかけて0.6」とかいうツワモノなんですが、純粋に近視の度数のみで私より悪かった人はまだ見たことがありません。そんなわけで私より目の悪い人、募集中です。


さて、そこまで目が悪いと網膜剥離とかの危険性があるので年に1回くらいは定期健診をやっておかないとマズいと言われています。そこで今年もかかりつけの眼科 (10年ほど通っている) に行こうと思って電話をしたら

「この番号は現在使われておりません」

と言われて頭の上で大根持った妖精が踊る始末。近くの調剤薬局に問い合わせたところ「今年の3月に引っ越しました」とのことで、家から歩いて3分だった眼科が家から電車で5分歩いて15分の場所に引っ越してしまったようです。ああめんどくさい。面倒くさいけど、過去10年分のデータを持っているので今更新しい病院に行くのも何なので、9時半に家を出て行くことに。

すると、御茶ノ水にある某I眼科 (知る人ぞ知る"超"有名な病院です) とタメをはれるほどに「病院の外にはみ出て人が待っている」状態。なんじゃこりゃー! と思いながらも10時に受付をして、結局呼ばれたのは2時間15分後。その後、緑内障の検査だとか、視野検査だとか、眼圧検査だとか、ちょっと特殊な視力検査 (散瞳剤を使うやつです) とかをして、全てが終わったのが14時15分。半日かかりました。

待っている間印象的だったのが、待っている客のほとんどがお年寄りだったということ。だいぶ前の仁村の日記の「xxxxxさんは今日病院に来てないねえ、風邪でもひいたのかねえ」を思い出しました。

で、あまりに長い待ち時間のせいでイライラする老人もいて「俺なんて2週間前に来たのにまた同じ検査をやってんだよ、無駄だよ、過剰診療なんだよな。やらなくていい検査をやって金をふんだくろうとしてる」なんてブツクサ文句を言っていたので、心の底で「死ねばいいのに」と呟きました。人それぞれ考え方はあるでしょうが、医者からしたら「より多くの人に健康になってほしい」と思ってるわけで (金目当てだけの医者もいるでしょうが) その方針に対して文句を言うのはちょっと何様のつもりなんだろうなと。「お前それ目が見えなくなっても同じこと言えんの?」ってやつです。

目とか耳とか肝臓とか腎臓とか、そういう「現段階の医療技術をもってしても替えが利かないもの」に対しては「時間と金」をつぎ込むべきだというのが私のポリシーなので、そういった意味でも、この老人の言うことには賛同できないのでした。

ちなみに検査代と称して1万円弱が吹っ飛んでしおりちゃんはハードディスクを買うお金がなくなってしまったのはまた別のお話。どうしよう稼働時間もう5年とかになるんだけど……。

というわけで、しおりでした。来週のゲストは特濃ソースの容器を使って水を飲む浅川サナタですのでどうぞお楽しみに。

2015年7月6日月曜日

フリック入力は正義

仁村です。

スマートフォンのフリック入力ってありますよね?
私あれが大層気に入っておりまして、あれが無かったらスマートフォン使っているかどうかも怪しいもんです。
人より随分遅れてようやくガラケーを使い始め、しかも3日に1度は携帯電話を携帯しないという程にあのデバイスが嫌いでした。
初めて触ったときはなんだって文字入力に同じキーを何度も押さねばならんのか?」と大激怒したもんです。

メールが来ても入力が面倒で、結局家に帰ってからPCで返信するので携帯する意味が無かったんですよね。
まあ待ち合わせに便利なものである事は確かでしたので、そういう用事が無いときは大体忘れたまま外出です。
酷いときは1週間くらい電池切れになっていることに気付きませんでした。
充電は毎月2,3回で十分な程に使用頻度が低かったです。

で、先週のサナタ君がネタとして振ってくれたエアコンが云々ですが、フリック入力しても変換候補の末尾にトグル入力の名残である数字が表示されてしまうのです。
はっきり言って余計な機能なんですが、どうも無効にする術が無いようで少々ゲンナリしています。
まぁ気を付けなさいってことなんでしょうが、Twitterなんかは余所見しながら入力している事も多いので、こういう事故はきっとこれからも繰り返される事でしょう。

先週のサナタ君の記事で場当たり的に変数を宣言していった結果、変数の役割がわからなくなってしまうというネタがありましたが、これ私ディレクトリやファイルネームでよくやっちゃうんですよね。

xxx_最新版.xls
xxx_最新版.xlsx
xxx_本当の最新版.xls
xxx_Fix.xls
xxx_Fix.xls
xxx_リリース版.xlsx
xxx_最新のリリース版.xlsx

みたいな感じで場当たり的にファイルネームを作っていくと仕舞いに何が何だかわからなくなります。
本当にバカな真似をしていると自分でもよく思うのですが、どういうわけか無意識の間にこうなってしまうのです…。
しかもファイルの更新日時もバラバラ。
誰か助けて下さい。

さて来週の日記はかかりつけ病院が消滅してしまったしおりちゃんです。