2015年5月24日日曜日

簡単設定ツールは激ムズ設定ツールと改名すべき

光ファイバーケーブルって脆弱ですよね。
知っている方は知っているでしょうが、あれってある一定以上曲げる力をかけるとポキッと折れちゃうので触るときは怖いです。
身近には光ファイバーが超ウルトラ重要な設備に使われているケースが沢山あります。
みんなきっと「絶対やっちゃいけない事をやったらどうなるんだろう」という妄想を一度くらいはした事があると思いますが、この前非常に疲れている時に「光ファイバー早折り競争」とかやったらどんな騒ぎになるかなーとか考えていました。
まぁ実行する事は絶対にあり得ないのですが、頭の中で考えるのは自由ですからね。

ところで先日、光ファイバーをマジで折りました。

もちろんそういう重要な設備ではなく、テスト用の設備です。
床を光ファイバーがそのままのたくっているというありえない配線でして、うっかり足を引っ掛けてズッコケました。
偉い人にエアボーン土下座しつつ報告したのですが「そもそもそんな配線しているヤツが悪い」ということで、私はお咎め一切無しでした。
冷静に考えると当然の帰結ですが寿命が結構縮みましたよ。


話は変わりますが「かんたん○○ツール」とか「楽々□□ソフト」の類で、簡単だったり楽だった試しが一度もないのですよね。
マニュアル見ても画面の案内を見ても、何をされるのか全然わからないし、「その設定に必要な情報の入力足りないだろ?」と思いつつ画面を進めていき、案の定動かない。
わけのわからないソフトの挙動を予測しながら設定を手動で細かく修正しないと動かないとかそんなのばっかり。
知人の家でルーターの設定を行った時はパケットキャプチャーまで駆使してどうにか動かす事ができました。
そういうソフトって本来ネットワークに詳しくない人用に作られているはずなんですが、本当に皆さんこれで設定できてるんですかね?
二度手間三度手間が多発するんでああいうツールやウィザードしか設定方法がないと本当に辛いです。

あるルーターでは設定用のWeb画面を開くのに「http://xxx.yyy.zzz.210/に接続して下さい(xyzは本商品が接続しているネットワーク)」とか書かれていて意味不明でした。
ルーター単体で設定しようとしていたためこの謎を解くのに2時間潰れました。
この答えは「DHCPでアドレスを振るとそのネットワーク内の.210を使う」という自動設定と固定設定のあいのこ仕様でした。
つまり192.168.0.0/24のネットワークに接続しDHCPが "192.168.0.5を使え" と指令を出すと192.168.0.210でアクセスできるようになります。
当然DHCPサーバー側の割り当て済み一覧と機器が実際に使用するアドレスが食い違うため、これを見ながらやろうとするとハマります。
DHCPが無いと設定自体が不可能という素敵仕様。

愚痴っぽくなってきたので今日はこの辺で。
来週のBlogは寝なければ明日にならないので仕事もやって来ないと主張するしおりちゃんです。

2015年5月18日月曜日

浅川サナタの朱天

まいど。浅川サナタです。
M3で売り子をやっている際に、とある参加者様のありがたいお言葉で、嬉しさのあまり身の毛がゾワゾワッとしました(実話)。
この場を借りて感謝感激雨嵐。
・・・あれ? トトロでそんなゾワゾワッてシーンあったっけ?


GWシーズン到来ッ!! 皆さんはどこかへお出掛けしましたか?
俺は岐阜のおばあちゃんに逢いに行こうか考えましたが、やっぱり都内散歩に切り替えました。
そういう時もあるのです。
矢切の渡しに乗ったり、帝釈天行ったり、割と楽しい休日でした。
よく歩いたぜ・・・hehe.
本当は親と一緒に宮崎の実家に行きたかったぜ・・・。


朱天の落葉を生ピアノで演奏するぞ計画、発足ッ!!
この曲をマスターすれば怖いものなしです。多分。
しかし、初版でも十分難しいです。
テンポかなり抑えて弾かなきゃ無理ぽぽぽです。
はじめちょろちょろ中ぱっぱ。
いつの日かこれはみんなの前で披露できるようにしときますよ!!
期待しててケロ!!


内容スカスカですいません。
次回は、光ファイバーケーブルの扱いが雑な仁村君です。
乞うご期待。

2015年5月9日土曜日

耳とか鼻が取り外して洗えないのは人間の構造的欠陥

おはこんばんちわ。今週担当の囲前 栞です。

耳の後ろを洗わない人を許せないというか、他人の体臭とかは本人の努力の範囲でどうしようもないことも多々あるので、そこまで否定はしないのですが、自覚しておきながら対処しない人は許せません

人によって体臭は変わるものですが、皮脂腺から油が多く分泌される箇所は限られています。その中でも特に頭皮や耳の裏、顔のTゾーン(眉間から鼻)といったポイントは結構多いのですが、よく「加齢臭がする」と話題になる耳の裏は、多くの人が洗い忘れるポイントの1つです。
Tゾーンは洗いやすいですが、確かに耳の裏は耳の中に水が入ることを嫌がって洗わない人が多いので、ここから臭いが気になるという人は多いようです。耳の裏を普段洗わないという人は、今触ってみて臭いをかいでみるといいでしょう。

最近は100均で優秀な水泳対応の耳栓が売っています(個人的なお勧めは、ダの付く店にあるカナル型イヤホンの3段キノコみたいなやつ (※2017/04/29 遷移先404につきリンク修正.) です。モデルチェンジで無くなったらイヤなので新品をストックするほど気に入っています)。なので、風呂に入るときは耳栓をして、洗顔フォームできちんと耳の裏と、耳の表面を洗うことをお勧めします。耳栓があれば水が入らず安全です。

知り合いに1人、耳栓もせず耳をごしごしシャワーで洗う人を知っていますが、「水が入っても適当に顔を横にしとけば大丈夫」と言い張っており、とても私にはまねできないなと思いました。

さて。
『刃物で物を切るときは、刃を動かす先に体の部位を置くな』というのは大原則ですが、つい先日、円柱状のものの縁を数mm切ろうとカッターナイフを使っていたところ、手に持って切っていたのが大失態で、刃に加えた力がそのまま滑って盛大に左手人差し指を切り刻む力に変換され、その勢いで爪の一部がもげるという大惨事となりました。
最近は「過度な消毒は人体の自然治癒力を下げるので行わないほうがよい」という、いわゆる「湿潤療法」がスタンダードになりつつありますが、やっぱり怖いので3日間くらいは1日2回消毒して化膿止めを塗って対処し、現在に至るまで一応事なきを得ています。

しかし人差し指が使えないというのはすごい不便で、あるとわかるありがたさというやつです。IIDX叩くときやキーボードで入力するときももちろん使っていて、これが使えないのはすごいストレス。おそらく元に戻るまで数ヶ月を要するので、その間は根元をマッサージするだのオイルを塗るだのしてさっさと生やしたほうがよさげ。医者に行ったら「頑張って先端まで伸ばしましょう」と言われたので、まあ、しばらくは我慢の日々なんでしょうな。

「指で物が掴めるのは爪が生えているおかげ、爪がなければぷにぷにして掴めない」というほどに爪は大事なので、皆さんも大事にしましょう。といわれてもどうすんの? って話ですが。

というわけで、しおりでした。来週のゲストはM3でCDを頒布していたら一瞬トトロになってしまった浅川サナタですのでどうぞお楽しみに。

2015年5月3日日曜日

機器故障に足を引っ張られる日々

先々週サナタ君が話題にしていたレモンジーナ、私はかなり好きです。
土の味という感想は抱かなかったけど、皮の味が強力なので好みは分かれそうでしたね。
フレッシュな感じがしていいと思うんだけどなぁ。

さて毎月故障する某社クソッタレサーバーです。
こいつは2台のクラスター構成になっているのですが、ほぼ毎月片系統が故障します。
で、メーカーの保守に対応してもらうんですが、毎回毎回「診断ログ送れ」だの「現地検分」だの「作業立会い」だのでクッソ時間を取られます。
商売に使ってるサーバーならちゃんとやらなきゃいけないですけど、私のおもちゃ開発用の機材なんで、正直止まっていても別にいいんですよね。
最近色々立て込んでいる事もあり、あまりの面倒臭さにこの1ヶ月故障状態で放置中です。
どういうわけか故障を放置してるともう片方は生き残ってるんですよね。
本当にタチが悪い。
某氏発案の1Uラックマウンタブル神棚でも設置しましょうかね。

さて次週のブログは耳の後ろを洗わない人を許せないしおりちゃんです。
ちなみに私は毎日2回の風呂は当然ですが、一服するときにもフェイスペーパーで耳の後ろを拭いています。