2015年1月25日日曜日

とある酒に呑まれた人の回想物語

おはこんばんちわ。今週担当の囲前 栞です。

先に断っておきますが、お食事中・もしくはこれからされる・今してきたばかりという方は時間をおいてからお読みください。

さて、ジャックダニエルという名の知れたウイスキーがあります。私は日本酒を愛飲する人なので洋酒はさっぱりなのですが、今でもコミケ会場まで約15kmの距離を自転車で会いに来てくれる旧友:xxxxxがおりまして、その人に「ジャックダニエルというウイスキーがあって、これをコーラで割るとめっちゃ美味くてマイブーム。是非試すべき」と言われました。

時は経って (さらっと書きましたが恐らく5年以上です)、つい先日 (さらっと書きましたが恐らく半年ほど前です)、とあるキッカケからSkypeでボイスチャットをしながら飲み会を開こうということになりました。で、酒を調達するにあたって、近くのスーパーや酒屋だとロクな日本酒がないので、そこら辺で買える酒でマトモなもん何かあったかな? と色々考えをめぐらせたところ「そういえばジャックダニエルとかいうウイスキーがあったな。そういえばコーラで割って飲むと美味いとかxxxxxが大分前に言ってたな。よし、やってみよう」という結論に至り、ジャックダニエルの黒瓶とコーラの1.5リットルを買って帰宅しました。

いよいよ飲み会ということになりまして、ツマミがなかったので柿ピーで代用。ジャックダニエルとコーラを1:5くらいで合わせるといいとかなんとか他のサイトに書いてあったので試したところ、

これがめちゃくちゃ美味い!

ウイスキーの放つ独特の香りが程よく緩和され、それでいて雰囲気を損なわず、コーラの持つ甘さもあって酒がグイグイ進むのなんの。氷を入れてウイスキーを入れてコーラを入れて呑むこと約3時間少々、気づくと半分くらい (約350ml) 飲んでおりました。コーラの方は余ってたので、おそらく1:4かもうちょっと少ないくらいの割合で呑んでいたと思われます。

そこまで酔いつぶれたわけでもなく、意識も明瞭だったのですが「そろそろ寝るか」ということになりITを駆使したFace-To-Faceではない飲み会が終了したわけですが、寝て4時間くらい経過したところ「なんか胃のあたりがむかむかする、気持ち悪い」といった信号で無理矢理目が覚めました。おかしい、そんなに呑んだわけではないんだけどなぁ頭も痛くないし、とか思いつつトイレに行ったところ、

壮絶に吐きました。
ツマミどころか昨晩食ったもの全部。


人生でこんなに吐いたことはないってくらい吐き続けました。その後3時間くらいは胃の不快感と闘いつつ、10分おきくらいに水をがぶ飲みして直後に全部吐くという、自称「マニュアル胃洗浄」を10回くらい行い、ようやくすっきり。その日はもちろんおかゆだの何だので過ごしましたが、実際結構な量を飲んでいたのかもしれません。

私は自分ではそこまで酒に強い方ではないと思っている (でも友人は飲めるほうだと言っている) のですが、アルコール度数から逆算すると、ジャックダニエルAlc.40%を350mlなので140mlほど摂取した計算になります。これを日本酒(Alc.15%)に換算すると933mlとなるので、1合180mlでいうところの5合ちょっとといったところ……

え、別に大したことなくね?

二日酔いはしていなかったので恐らくアルコール耐性は足りてたはずですが、考えられる原因としては「アルコール度数が高かったので胃がやられた」というあたりでしょう。あとは単にウイスキーに慣れてないとかそういったものか、ツマミが足りなかったとかその辺でしょう。

教訓:ジャックコークとかの甘い系のカクテルは飲みすぎると死ぬ


さて、前置きが長くなりすぎたので今回は前置きのみとさせていただきます。が、最後に1つだけ。来週の今頃は恐らく2015春M3の当選結果が出ている頃ですので、そのお知らせができるかと思います。肝心の曲の方は……えぇ。はい。お察しください。

というわけで、しおりでした。来週のゲストは浅川サナタですのでどうぞお楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿