2014年12月30日火曜日

本日冬コミC87の3日目なので新曲5曲発表します

前略
Queen Bell サークル代表・囲前 栞です。
この度は日頃より当Blogをご覧頂き、ありがとうございます。
さて、当サークルは本日

……わかった、堅苦しい挨拶はやめよう。はい!! やめやめ

というわけで本日は2014年冬コミ・C87の3日目でした。参加者の方々、お疲れ様でした。
凄い寒かった数日前から比べればだいぶマシな気温のようでしたが、寒いもんは寒いですよね、えぇ。
さて、当サークルは誠に遺憾ながら「抽選漏れ」となったためC87に参加できませんでした。
期待されておられた方々には大変申し訳なく思っております。

というわけで (どういうわけで?)、本日、無償にて新曲を5曲公開いたします。
当サークルWebpage内の Music より試聴・ダウンロードが可能となっております。
試聴とは書きましたが「試し」ではなく「フル版」です。そこんとこ間違えないように。
さあここは俺に任せてこっから下の駄文を読んでないでさっさと聞きに行け!早くしろ!!

では曲の説明。Music のページに作曲者のコメントとかが書いてあるのでここでは簡潔に書きます。

朱天の落葉 -scarlet leaves version-
今から1年前の2013年冬コミ・C85にて先着順無償頒布した超部数限定アルバム「Inherited Crown」に収録された、同名曲のアレンジ。
当日会場でお渡しできなかった方、この場を借りてお詫び申し上げます。ほんとすみませんでした。
というわけでアレンジ版ですが、今日ここに公開させていただきます。
現地で試聴してくださった方の多くに「これ人間弾けないですよね? 連弾*1ですよね?」と言わせしめた難易度の同曲ですが、それが更に難易度アップして舞い戻ってきたわけでして……。
作曲者の浅川サナタ曰く「偏差値70、無理ゲー」だそうです。とくとご賞味あれ。
*1連弾:1台のピアノを2人で弾くこと

トラウマクイーン -black velvet version-
2014年夏コミ・C86で頒布した「The Third Crown」に収録された同名曲のピアノソロアレンジ。
Queen Bell初となるゴシック調の曲でしたが、それをピアノソロで表現するとこうなりましたといった仕上がりで、トラウマクイーンの「真の姿」らしいです。
恐らくこの曲も人間が弾くのは相当な難易度だと思われます。
作曲者の浅川サナタ曰く「偏差値65、後半はどうにもならない難易度」と申しております。

鬼がたり -C7 version-
2013年夏コミ・C84で頒布した「The Second Crown」と、C86で頒布した「The Third Crown」に収録された同名曲のアレンジ。
C84のものをピアノソロアレンジしたものがC86のものであり、今回のバージョンはC86のものの音源を変えたりパワーアップさせたものです。
作曲者の浅川サナタ曰く「偏差値50、なんとかならないことはならないこともならないことはない」と申しております。

しおりちゃん、ぴんち
本邦初公開、完全新曲となります。
Queen Bellのリーダーを務めていて "Producer/Director" とか名刺に書いておきながら作曲がまったくできないという私が、最初から最後まで自分で書いた初めての曲です。
もっとも、浅川サナタのアレンジにより元の曲調をまったく留めていませんが、彼のアレンジがなくとも曲を発表できるようこれからも精進してまいりたいと思います、はい。
この場を借りてアレンジしてくれた浅川サナタに御礼申し上げます。

Common Battle
本邦初公開、ゲストコンポーザー・おしゃこ さんによる完全新曲となります。
私、囲前栞がやっている某オンラインゲームの知り合いなのですが、その方が「実は作曲経験者」とひょんなことから発覚し、「じゃあ曲よこせ」「いやだ、恥ずかしい///」「アレンジするから早く」「えーこんなのを……」「はよ、データはよ」
等といったすったもんだの末、浅川サナタがそれをちょろっとだけアレンジしてできた作品です。
Queen Bellでの公開をかなり躊躇っていましたが、むしろ私からすると「こんなサークルで公開しちゃっていいのか」という方が強く不安でしたが、最終的に快諾してくださったおしゃこ氏に、この場を借りて再度厚く御礼申し上げます。


とまあそんな埼玉*2でだいぶ長くなりましたが新曲紹介でした。
え、まだ聞きに行ってない? さあ今すぐ聞きに行くんだリンクはここにあるぞどれでも同じだ早くしろ!
Music 音樂 Musik Musica música музыка μουσική เพลง
*2そんな埼玉:浅川サナタのよく使う言葉、Queen Bell用語の1つ。埼玉自体には特に意味はなく「そのような」「そういった感じ」などと同じ意味。

また、今回、新曲発表にあたってSoundCloudのFlashプレイヤー用にジャケット絵を僅か1時間半で描いてくださった まひろやぎ 氏に多大なる感謝を。相当無理な注文でしたが、本当にありがとうございました。


えー。最後になりますが……
今年はまだ大晦日という1日が残っているのでコミケ帰宅組は若干の精神的余裕があるはずですが、気を抜いて風邪など引かぬよう。
Queen Bellは来年も精力的に活動していきたいと思っておりますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

それでは、皆様よいお年をお迎えください。

Queen Bell メンバー一同
囲前 栞・浅川 サナタ・仁村 雅雪 拝
2014.12.30

0 件のコメント:

コメントを投稿