2014年6月29日日曜日

浅川サナタの流水

まいど。浅川サナタです。
梅雨でじめじめしてて嫌ですね。
早いとこ夏も終わってさっさと秋になって欲しいですね。
あ、VMAXは売ることにしました。
パワーもあったし見た目も良かったが、燃費がイマイチだったのでお別れです。
アリーヴェデルチ(さよならだ)。

夏のコミケも当選したので曲作らないといけませんね。
とりあえず頭の中でメロディはできているのでソナーで打ち込んでいきます。
過去の未完成曲を使わせていただくぜえ・・・。
曲を作る、資格を取る、両方やらないといけないのがサナタの辛いところだな。

今日紹介する曲は「冬の水」。冬三部作の大ボスです。
この曲から浅川サナタのニュージェネレーションが始まった!!
一種のマイルストーン的な曲であり、また、Queen Bellの象徴、いや、名誉会長のような曲でもあります。
元々は今までの流れでピアノと、申し訳程度のストリングスで作成した曲でした。
しかし、友人のlute君がそれにドラムやベースなどを盛り込んでアレンジを施してしまったのです(なんということでしょう)。
lute君のアレンジを聴いたサナタに電流走る・・・!! なるほど、こういうのもありか!! と。
折しも、友人の村長から「サウンドフォント」なるソフトウェア音源の使い方を教えてもらった時期だったので、早速セルフアレンジ実施!!
そして2008年に冬の水は完成しました。
この曲からドラムやベースも曲に取り入れ始めたのです。ありがとう、村長、サウンドフォント、そしてlute君!!

(※クリックで再生、音量に注意してください)


五年の時が流れて2013年、冬の水が音源パワーアップして蘇りました。
ベースと後半のストリングスパートが追加され、聴きごたえがUP!!
割かし中間部分のベースのリズムがお気に入りです。
(※クリックで再生、音量に注意してください)


いやぁ、もう6年も経つんですね。時間の流れって怖いですね。
次回は、ルートリフレクターという必殺技を覚えた仁村君です。
こうご期待。

0 件のコメント:

コメントを投稿