2014年4月26日土曜日

浅川サナタの胎動

こんにちは、サナタです。
GWも目前に迫りましたね。予定は立てておられますか? 俺は田舎へVMAXに乗って帰ります。

さて、記念すべき初投稿となります。囲前に便乗して俺も音楽について書いちゃいます。

幼少からピアノを(あまり乗り気ではなく)習っていたサナタ少年。

ファイナルファンタジーの曲をピアノで弾いたりすることで、モチベーションを保つ事が出来ました。
多分ファイナルファンタジーの楽譜を購入していなかったら続けていなかったであろう……。
この辺りで音楽の理論とは別に「どの音の組み合わせが良いか悪いか」の判断は付くようになりました。感覚的なところですね。

そして中学の時分、ビートマニアなるゲームをゲームセンターで知り、1play200円にも関わらずハマりにハマりました。初プレイは2nd mixで、2曲目のブレイクビーツでゲームオーバーになる始末。しかし初プレイの感動は忘れられません。
その時、他人が演奏していたミニマルテクノのキチガイじみた譜面に度肝を抜かされたのも記憶に新しいです。何というか、すさまじい物量というか。skaの譜面を見るのはまた先の話……。
案の定、インストゥルメンタルの曲に心奪われ、とりあえずtsutayaと図書館でテクノのCDを借りていた思い出。
特に好きだったのは、やぱり電気グルーヴ。Dragonは名盤ですね。収録されているブラジリアンカウボーイは電気グルーヴの中の最高傑作だと思います。攻撃的な4つ打ち、無秩序なシンセ音、後半の目が覚める展開は必聴です。

ビートマニアも衝撃的でしたが、何より今までクラシックに全く興味がなかった俺を一気に惹きつけたのは、ピアノの先生が目の前で演奏してくださった「子犬のワルツ」。
高速な運指とメリハリのある三拍子のリズム、中盤の抒情的な旋律に戦慄しました。
「先生、この曲の楽譜を俺にください。練習して弾けるようになりたい。」
と懇願し、今までだらだらやっていたピアノに熱が入り、ちょー熱心に練習しました。
そのままショパンに興味を持ち、聴いてしまったのが「革命練習曲」。
刹那……電流走る……!! 何回感動してるんでしょうかね俺は。
演奏難度は跳ね上がりましたが、あほみたいに練習して何とか弾けるようになりました。

そのあたりから作曲も始めました。
処女作は高校1年の時に作成したワルツ「雪の花」。
(※クリックで再生、音量に注意してください)


冬の雰囲気が好きなので、必然的にそんな埼玉(※1) な旋律になりました。
この曲がすべての礎となっています。思い出深し。
そして、ありがたいことにこの曲を着メロにしてくれている友人を知っています。
自宅に呼んだ時、その友人のメールの着信音がそれでした。おめー大好き。

※1:『そんな埼玉』……サナタのよく使う言葉。埼玉自体には特に意味はなく「そのような」「そういった感じ」と同じ意味。

記念すべき第一回はこの辺でお開きにしましょう。
次回のゲストは仁村雅雪です。
また次回!!

0 件のコメント:

コメントを投稿