2017年3月11日土曜日

浅川サナタの策略

まいど、浅川サナタです。
投稿が遅れてしまい、すいません・・・。

先日、囲前が「狂乱の赤い瞳」のBMSを作ったそうで、演奏させてもらいました。
予想はできていたが鬼の様な階段!!
そしてチャージノーツ!!
logicoolの超名作キーボードである「K270」では、ほんのちょっぴりだが難しすぎたな!!
だが、やりごたえは抜群。楽しい譜面であること折り紙付き!!
レベルは☆10上位くらいだと思います・・・。

※囲前注:近日動画Upload予定。


さて、最近同僚たちとボードゲームを遊ぶ機会がありました。
遊んだゲームはシンプルでありながら奥が深い宝石集めゲームの「splender」、そして超名作ボードゲームと名高いCatan」ッ!!
splenderは宝石を集めて、先に既定の15点に達した人が勝利のゲーム。
ゲーム中盤から加速度的に進行が早くなるのが特徴。
相手がどの宝石カード欲しいか考え、嫌がらせをして勝利を掴み取れ!!

Catanはサイコロ運と策略、そして交渉がキーとなり、splenderと同様に先に10点に達した人が勝利のゲーム。
相手の生命線であるマスに泥棒キャラを設置したり、相手が伸ばした道をふさぐように、こちらから道を作ったり、
つまるところ、嫌がらせをして勝利を掴み取れ!!

この手の駆け引きがあついゲームをオフラインでやると、ほぼ福本ネタで会話が成立します・・・。
以下、すぐに使える福本語録を紹介します。

「オレが積もう・・・!! ヒジの高さまで」
→貨幣、またはそれに準ずるものをヒジの高さまで積む時のセリフ。

「会長は今、見あやまりました。地を這う人間の情念を・・・!!」
→逆転の手がある時のセリフ。

「相手の破滅を目指さずして、どうして相手を追い詰められましょう」
→勝利を確信した時のセリフ。

「流れは淀みをこえた・・・巡り合えた気がする・・・オレの死に場所」
→起死回生一発逆転の機会が巡ってきた時のセリフ。

「沿おう・・・!! この流れに沿って死ぬ・・・!!」
→賢明さを捨てて大博打をする時のセリフ。

って全部、福本先生の最高傑作と名高い、裏社会博打漫画「銀と金」のセリフじゃあねえか!!
コツメカワウソちゃん、この銀と金って漫画は楽しいの?


コツメカワウソちゃん「!! !!


次回は、銀行口座を公開し、「にむら君を救う会」を発足を目論仁村君です。
乞うご期待。

2017年2月14日火曜日

布団に包まったまま仕事したい

おはこんばんちわ。今週担当の囲前 栞です。

なんかだいぶ間が空いてしまったと感じていたのですが,どうやら気のせいではなかったようです。
あたしの前回の投稿が12月3日なので、2ヶ月ぶりのしおりダイアリーとなるわけですね。いやーみなさんさぞかし期待してたことでしょう! そうですよね? ですよね!

さて。突然ですが、
Queen Bellは(春のM3には申し込みませんでしたが)2017年8月に開催されるC92夏コミに応募致しました。
当選すれば、例によってコミケ雲を拝みつつ海の上で会えることでしょう。よろしくお願いします。

もう1つ告知事項。
これはまだあまりオープンにできない水面下プロジェクトなのですが、当サークルのオーケストラ編曲担当(という名目になっている)仁村君が、とある有名サークルさんが2017春M3でリリース予定の、とあるコンピレーションアルバムに楽曲を提供させていただくこととなりました。

メンバーもウルトラ実力派勢揃い、Sound Voltexに楽曲が収録されたコンポーザーをはじめ、Wikipediaに単独名義でページがあるほど有名なコンポーザーも参戦するなど、とてもとても(うちのサークルには場違いな気がする)豪華なアルバムとなっております。

詳細については今しばらくお待ちください。

なお、仁村君は会社の有休を使ってまで1日作曲に打ち込むという本気っぷりですので、ぜひ皆さん聞いてやってください。


前回のお題、オフトゥン依存症になってしまった……というやつですね。

布団というのは、なぜ、夏にはツンとするのに、冬は急にデレて来るんでしょうかね。永遠の謎です。おそらく冬の布団の行動パターンから見るに束縛系だと思うんですが。
この時期の布団から出るには相当の覚悟と気力と勢いが必要なので、1日の体力の8割くらいを起床で使ってしまう気がするしおりでした。
せめて1度くらいはショールーム以外の場所でウォーターベッドに寝てみたいですね。相当気持ちよいらしいのですが、あれって夏場蒸れたりしないんでしょうかね。

そんな埼玉、次回のゲストは、秘密裏に私が作っていた当サークル楽曲のBMSを見せたら偉く感動してくれた浅川サナタですので、どうぞお楽しみに。

2017年2月4日土曜日

回る~回るよ~ファンは回る~

仁村です。
またしても長い事放置してしまい申し訳ありません。

さてサナタ君から振られたお題ですが、実は何のことなのかよく覚えていません。
別にアルコール多飲が原因のウェルニッケ脳症で頭をヤラレタとかそういうことではありません。 多分お酒を飲んでいい気分になってしまい、Twitterで「楽しくて仕方ない」というようなことを書いたんだと思いますが……。




えーと、すみません、間が持たないので違う話にしましょう。

先日突如としてCPUクーラーがぶっ壊れました。 風呂からあがると部屋に「カラカラカラカラカラ!」と不穏な騒音が響いておりまして、ディスプレイを見ると綺麗な青画面。 あーこりゃCPUクーラーがご逝去されたなとすぐに察してケースを開けてみると、案の定まともにファンが回っていない。
i7 4790Kという高クロックで割と熱を出すCPUを使っており、部屋に転がっているしょぼいクーラーでは対処できないため、急遽秋葉原ダッシュして買ってきました。

買ってきたのはサイズというメーカーの「無限五」(ムゲン・ファイブと読むらしい)です。こいつが中々に冷えるクーラーでして満足しております。
交換前のぁゃιぃ品ではOCCTをしばらくブン回した時に75度前後だったのですが、今は55度前後を維持します。いやー前の物がかなり残念な代物だったということもあるのでしょうが、クーラー一つで変わるもんですね。

但しこれはお察しの通り結構デカい(成人男性の握り拳2つ分くらいの体積)ので導入する際はPCケースに入るか要注意。メモリや拡張ボード等のパーツは避けるよう設計されているので割と大丈夫だとは思いますが、高さが結構あります。普通のケースだとマザーボードが縦になるので、構造的には幅が広いものが必要です。買ってから入らないということが判明すると悲しい or ケースの蓋を開けたまま使うハメになります。私はフルタワーケースを使っているので余裕を持って入りました。

いやー、広いって本当に素晴らしいですね。


さてそんな埼玉、来週の記事はオフトゥン依存症を発症したしおりちゃんです。
ちなみに私はEVE Onlineというゲームのせいで、朝起きると目の前に
オフトゥン [OWATA] has started trying to warp scramble You! と警告が表示されます。

2017年1月3日火曜日

浅川サナタの新品

まいど、浅川サナタです。
前投稿から期間が空いてしまい、すみません…。

あけましておめでとうございます!!
良い一年を過ごせた方、そうで無かった人も、2017年が素晴らしいものになることを祈ってます!!
来年もQueen Bellをよろしくお願い致します。



今年の3月にhtcのHTL23という携帯電話を中古で買い、UQmobileにて運用しておりました。
しかし、バイブが動かなかったり、超高頻度で勝手に電源が落ちたりと、ポンコツにも程がある状態だったので、意を決して新機種購入ッ!!
その機種とは…

ZenFone3ッ!!」
非常にスタイリッシュな薄々デザインと、ストレスフリーな性能!!
画面も大きくて余は満足じゃ。
本当に正直にいうと、こんな高性能じゃあなくても良かったが、俺の心の中のコンバット越前囁きかけたんだ…。

コンバット越前「せっかくだから、俺はこの新品の携帯電話を選ぶぜ!!」(参考リンク)
こうして浅川サナタは
 新品のZenFone3を手に入れた 

 次回は、アルコールが原因で去年末から狂ったように笑い続けている仁村君です。
乞うご期待。

2016年12月3日土曜日

聞こえない音が聞こえる。なにそれこわい

おはこんばんちわ。先週担当の囲前 栞です。

気候もすっかり秋めいてきたと思ったらめちゃくちゃ暑かったり、観測史上初の東京都心積雪だったり、なんかいろいろ異常気象と思えなくもないような天気が続いていますが、いかがでしょうか。天気の挨拶から入るのは鉄板です。

さて、私は昔からヘッドホンを愛用していますが、というのも、部屋が狭くてスピーカーが置けないからです。本当はイスの後ろにでっかいやつを置きたいんですがそんな場所はなく、かつ深夜にFPSゲームをやって叫び声だの銃声だのがド迫力サウンドで鳴り響いたら警察が来てもおかしくないので、使っていません。

TANNOY、B&W、JBL、KEF、LINN、McIntosh、SONYなどなど……高級スピーカーメーカーはいろいろありますが、2本で100万円くらいはザラの世界であり、もう1つゼロが増えて1000万円とかのモデルも平気で存在するので天井知らずの世界です。そんなもん買えません。

そういうこともあってヘッドホンの方向で昔から知見を深めていきましたが、前回、仁村君のお題で「国家予算でヘッドホンを買った~」とありましたね。

ええ、買いました。STAXのSR-500というモデルです。STAXというメーカーはあまり有名ではない、かもしれませんね。実は5年位前から持っていたので、今回買ったモデルは実質グレードアップしたということになります。
値段はここには書きませんが、ヘッドホンにこだわりのない人からすると恐ろしい金額であり、ヘッドホンをちょっとかじったことがある人なら高いなーと思う金額であり、高級オーディオに触れたことがある人なら普通じゃんと思う程度の金額です。
本当はもう1つ上のモデルが欲しかったんですが、値段が2倍近いということもあって断念しました。

すんげー昔の記事で仁村がヘッドホンを買ったときの感想として
オカルト的表現ですが「聞こえないものが聞こえてくる」という言葉の意味がよくわかりました。
ここでこの楽器鳴っていたんだ、みたいな事が頻発します。
と述べていますが、まあ、そんな感じです。聞こえない音が聞こえるようになります。
これは本当に高いヘッドホンを買った人(詳しくいえば音の分離ができている・解像度が高いヘッドホンを買った人)しか得られない体験なので、数千円程度のヘッドホンしか聞いたことがない人だと、おそらく完璧に理解不能な体験だと思います。

STAXというメーカーのヘッドホンはフラットな音が出るので、管・弦楽器を含むオーケストラの音楽であるとか、クラシック全般の音楽に非常に最適とされています。が、私は音ゲーの曲しか聞かないのでまったく特徴を生かせていません。
そのうえ、PCの間にDACを挟むこともなければプリメインアンプもなく、ソースも非可逆圧縮のFLAC/ALAC/TTAはおろか無圧縮音源ではなくmp3の320Kbpsだったり、いろいろ残念な環境で音を出していますが、それなりに綺麗な音で(完全に主観)鳴っています。

欠点をあげるとするなら、遮音性皆無なのでいわゆる電車の中でシャカシャカ漏れてる音(誰しも聞いた経験があるはず)の10倍くらいは余裕で音が漏れることです。

もし東京近郊にお住まいでSTAXのヘッドホンが試聴できるお店があったら、絶対に行かない・聞かないことを強くお勧めします。試聴して欲しくなった結果、値段を見て諦めることになるくらいなら、最初から聞かないほうがマシです。


あとですね。
最近、秋葉原でこんなものをゲットしてきました。


いわゆるポケミクってやつです。だいぶ有名ですね。
モノ自体の説明は端折りますが、2週間前だかに秋葉原に行った際、末尾に「~」が付く有名店の店頭で「毎回売り切れ!!」と書かれたPOPと一緒に売ってました。お値段なんと衝撃の1500円。そりゃみんな買うわな。あたしも即買い。

数年前の大人の科学マガジン(昔でいう学研の科学・学習の大人向けバージョン。2、3ヶ月に1回発売)で取り上げられたもので、当時の販売価格は私が買った価格の3倍以上したんですが、どういうわけかよくわからない経路を経てそんな値段で大量放出されてました。ちなみにこれが投稿されている時点では、残念ながら売り切れのようです。

土日がいろいろ忙しくまだ開封してないのですが、これでちょっとはCDEFGABの勉強でもできたらなーと思いつつ今回はこの辺で。


そんな埼玉、しおりでした。次回のゲストは、格安SIMフリースマホの鉄板モデルをゲットして気分上々の浅川サナタですので、どうぞお楽しみに。

2016年11月14日月曜日

ボルシチ美味しいです(多分

仁村です。

ボルシチが食べたくて手が震えているのですが、禁断症状ではありません。
なにせそれを1度も食べたことがないのですから。
随分前、学校給食で1度出て来た気がしますが、記憶にある限りあれはボルシチではなくビーフシチューでした。
まあ美味しかったので何も問題はありません。

モノホンのボルシチを食べようとレシピを探してみると、要するに「洋風肉じゃがをビーツで真っ赤にしたもの」という具合でした。
これなら自分でも割と簡単に作れるぜ! と思ったのですが肝心のビーツが入手困難で挫折しています。
デパートには一応ありますがちょっと勇気が必要な価格……。

ロシア料理専門の居酒屋なんかもちらほらあるので、今度何かの機会に突撃してみたいと思います。


ところで、サナタ君の日記でダミーデータについて談義されているようですが、残念ながら自分はあまり細かい実装を触る仕事をする機会が無く、そういう密かなお楽しみをしたことがありません。
ただ「露骨なデータを入れて万一のことがあると大変よろしくない」というしおりちゃんの意見には同意です。
なぜなら私自身がそれをやらかした経験があるからです。

とあるシステムの開発に携わっている時に「クロスサイトスクリプティングとかの対策大丈夫だよねー?」みたいな話になったため、私が「ちゃんとお願いしてあるので大丈夫ですよー」と言いながらなんとなく
<script>alert("†聖天使†仁村雅雪惨状 夜露死苦☆ぱおーん笑")</script>
↑こんな感じの攻撃コードを投入してみたらどうも対策が漏れていたようで、攻撃が成功してしまいました。

※クロスサイトスクリプティングをざっくり説明すると、名前とか投稿内容を書く場所にプログラムのコードかを書くと実行できてしまうという欠陥のことです。色々悪いことに利用されちゃいます。

もちろん放置するわけにもいかないのですが、実際にシステムを作っているのは他所の会社なので(IT業界ではよくある体制です)そちらに依頼しなければなりません。
不具合の連絡は「いつ・だれが・どこで・なにをしたら・なにがおこった」に基づいて仔細に報告しなければならず、私が0.001秒で思い付いてぶち込んだ恥ずかしい攻撃コードが白日の下に晒されるハメになり恥をかきました。
当然サーバーのログにも残っていますので、某所では未だに私の恥ずかしい攻撃の記録が残っているはずです。

なので、テストデータ等に自己満足を持ち込む際は、偉い人に公表しても恥ずかしくなく、ほがらかに笑える範囲に留めておくことを強く、強く推奨し今回の日記はこの辺にさせて頂ければと思います。

さて来週は国家予算でヘッドフォンを買ったしおりちゃんです。